東京大塚医院は杉並区永福4丁目(京王井の頭線西永福駅北口)の内科クリニックです。内科・生活習慣病・高血圧・糖尿病・循環器疾患等の診療をおこないます。





■ 診療時間 ■


■ 一般内科 ■

発熱、感冒を初め各種内科疾患に対応しております。
インフルエンザは簡易迅速キットを用い、その場での診断が可能です。

頭痛、胸痛、腹痛は内科ではよく見られる症状ですが、なかには一命に関わる重い病気の徴候の場合もありますので、常にその可能性を念頭に置きながら慎重に診断を進めます。

その他、健康診断の2次検査や再検査等も随時受け付けています。

■ 糖尿病内科 ■

血糖値、ヘモグロビンA1cの測定を基本として、糖尿病のコントロールをおこないます。また、糖尿病が疑われる方については、糖負荷試験によって糖尿病の確定診断をおこないます。

食事療法、運動療法は糖尿病治療の基本です。これら日常生活上の改善点を常に指導します。

糖尿病治療薬については、様々な種類の中から最新のエビデンスに基づく最適な薬剤を選択します。近隣病院と連携しながら、インスリンの導入もおこなっています。

糖尿病は、網膜症など合併症の管理が非常に大切です。近隣の眼科医院と連携しながら、網膜症のチェックも定期的におこないます。

■ 循環器内科 ■

動脈硬化の予防を目的とした生活習慣病の治療を、きめ細かくおこないます。特に高血圧の治療を重要視します。

高血圧の診断および治療は、診療所で測定した血圧値のみならず家庭での血圧値が重要です。高血圧の患者さんには、原則として家庭血圧を測定していただきます。

胸痛や動悸など心臓病が否定できない症状に対しては、安静時心電図検査に加え、携帯型24時間心電図検査(ホルター心電図)や心臓超音波検査を行い、原因疾患を診断します。

循環器疾患に対する薬剤の使用方法は日進月歩です。最新のエビデンスを取り入れながら、薬剤の選択および用量の調節をおこないます。

急性心筋梗塞や心不全にて基幹病院で入院していた患者さんの外来定期通院も、当院でお受けします(必ず担当医とご相談ください。その上で当院へ転院の場合は、担当医に診療情報提供書を作成していただき、ご持参ください)。

■ 提携医療機関 ■

当院での診察の結果、精密検査や緊急治療が必要と判断した場合は、近隣基幹病院を初めとした提携医療機関へ速やかに紹介いたします。
当院からは、主に下記医療機関を紹介しております。

東京女子医科大学病院・・・糖尿病コントロール、循環器疾患 その他各種疾患
榊原記念病院・・・急性心筋梗塞、その他循環器疾患
河北総合病院・・・各種急性・慢性疾患
城西病院・・・糖尿病コントロール(入院)、糖尿病性網膜症治療
浴風会病院・・・物忘れ外来(認知症の診断)
内山肛門科胃腸科クリニック・・・胃カメラ、大腸カメラの依頼
メディカルスキャニング・・・CT、MRIの依頼(当院から予約可)

その他、都内各大学病院や近隣医療機関も随時紹介いたします。